消費者金融利用の心得

ロゴ
トップページ
<使い方によってはとても心強い存在になる>
消費者金融でお金を借りる際には手軽に借りられることは借りられますが、気持ちはしっかりと心得を理解しておくことがいいでしょう。消費者金融ではお金を便利に自分が必要な時に貸してくれますから、使い方によってはとても心強い存在になるわけですが、しかしながら、使い方を一歩間違えてしまうと大変なことになってしまいます。まず心得の一つ目としては返済する能力はきちんと考えたうえで返済していきましょう。消費者金融でお金を借りる際には借入限度額というのがありますが、借入限度額は貸してもらえるいっぱいいっぱいの金額です。間違っても、借りてもいいお金の額ではないのでそのことはよく頭に置いておきましょう。自分が必要な最低限度のおかねだけを借りるようにしましょう。そして消費者金融での借入は、できれば短期間にとどめて、返済日はきちんと守りましょう。信用のもとにお金を借りているということを忘れないことも心得の一つです。消費者金融では契約書を書いてサインをしたうえで融資してもらうわけですが、契約書の内容には一通り目を通すようにします。不審な点や理解できないような点がある場合には、そのままにして契約をするのではなくて、わからないところがあればわかるまで、理解できるまで聞きましょう。特に利息に関して、返済する期間に関して、返済の方法などについてはしっかりとチェックしたうえで確認しましょう。 消費者金融の心得として、万が一年金受給者証やクレジットカード、または銀行などのかキャッシュカードを預かるといわれた場合でも、絶対に渡してはいけません。大手の信頼できる消費者金融であれば、そのようなものを渡すように言われることはないのですが、悪徳消費者金融もこの世の中には存在していますから、十分に注意しましょう。そして借金返済に苦しくなったからと言っても、絶対に他からお金を借りることのないようにしましょう。借金返済で他からお金を借りることになった場合には、多重債務になり自転車操業になります。自転車操業は一時しのぎで何の解決にもなりませんから注意しましょう。消費者金融から融資を受ける際には契約書の写しをもらうようにして大切に保管しておき、借金を完済したときには、領収書を絶対ももらってこちらも保管しましょう。完済したのちは、融資を受ける際に交わした契約書のコピーではなくて、原本を受け取るようにしましょう。これが消費者金融を利用するにあたっての心得です。 消費者金融金利の選び方ガイド

<消費者金融の使い方>
さて、消費者金融への申し込みが済み、無事契約が成立したら、さっそくお金を借りましょう。 インターネットで申し込んだ場合は消費者金融から指定口座に振り込まれている場合がほとんどなので、 あとは自分のキャッシュカードでその口座からお金をおろせばOKです。 消費者金融のカードを作っているなら、カードを使って専用のATMでお金を引き出すことができます。 消費者金融の店舗ないにあるATMはもちろんのこと、 コンビニやスーパーのATM、提携している銀行や信販会社、他の消費者金融のATMでもカードは使えます。 自分の生活圏の中で使えるATMを探しておきましょう。 カードがあれば消費者金融との契約で決められている限度額までならいくらでも引き出せますし、 カードがない場合も繰り返し融資を受けることができます。 返済はATMでの入金が一般的ですが、銀行振込や窓口で納めることもできます。 仕事が忙しい人にとっては24時間経営の場合もあるATMか、ネットバンキングが使える銀行振込が便利です。 返済するタイミングは基本は好きな時でいいのですが、前回の返済から35日以内と決められていることが多いようです。 一括で返すこともできますし、分割も、リボ払いもOKです。



Copyright(c) 消費者金融利用の心得. All right reserved.